Intrada Organic Acid  

 

ライフサイエンス用分離カラム・・・Intrada ファミリー

  シリカ系としては世界初の非誘導体化有機酸LC-MS分析専用カラム  
   
  有機酸を誘導体化することなくLC-MS分析ができます
カルボン酸以外の有機酸や無機酸も分析できます (*)
一般的な有機酸は10分以内に測定ができます
1分以下のハイスループット分析用カラムも用意されています
 

  TCA回路(クエン酸回路)有機酸の非誘導体化LC-MS分析  
     

近年普及しつつある汎用LC-MSを用いることで,簡便かつ選択的な有機酸分析を可能にする画期的な分析カラムを開発しました。 シリカ系カラムとしては世界初の有機酸分析専用カラムです。
煩雑な誘導体化を不要とし,10分でほとんどの有機酸をLC-MS分析することができます。

シリカ基材にイオンリガンドを導入することにより,高極性の有機酸はイオン交換モードにより溶出することができます。
順相モードを用いれば,イオン性の強い多価酸などほとんどの有機酸を溶出させることができます。
有機酸だけでなく,無機リン酸やATPのようなリン酸化合物も分析可能です。

アプリケーション (各種化合物)
 
シュウ酸 NEW

ヒドロキシカルボン酸 NEW

オメガ脂肪酸(EPA, DHA, AA) NEW

食品保存料

アルコール摂取バイオマーカー
(エチルグルクロニド EtG, エチル硫酸 EtS)


酢酸とギ酸の同時分析

TCA回路(クエン酸回路)

アデノシンヌクレオチド(AMP, ADP, ATP) と リン酸

スルホン酸,硫酸類

糖酸(50℃)

ウロン酸異性体(60℃)

アプリケーション(実試料)
 
エナジードリンク中の有機酸

国産ビール中の有機酸

輸入ワイン中の有機酸,亜硫酸,硫酸,リン酸
 
日本酒中の有機酸
  
技術情報
一般的有機酸 [イオン交換モード]

多価酸・ポリカルボン酸  [順相モード]

---

溶解溶媒の影響 (シュウ酸)

溶解溶媒の影響 (メチルマロン酸)

Intrada Organic Acid 充てん剤のバッチ間再現性
(*) ご注意

本製品はLC-MS専用の有機酸分析用カラムです。
グラジエント溶出が必須であるため,UV検出器や電気電導度検出器は使用することができません。
ELSDも物質同定が困難であることからおすすめできません。
本製品は異性体などを含むすべての有機酸の分析を保証するものではありません。アミノ酸などの双性イオンは対象外です。
分析感度は化合物構造や質量分析装置性能に依存します。特に脱溶媒温度はMS感度に影響します。
ピーク形状は試料マトリクスの影響を受ける場合があります。試料前処理や試料溶解溶媒,移動相条件を工夫する必要があります。
ガードカラムはメタルフリーではありません。イオン抑制や配位性を示す化合物にはガードカラムはおすすめできません。

関連情報

Intrada Organic Acid 技術資料 (TR09A)

Intrada Organic Acid Technical Report (TR09A, English)

Intrada Organic Acid 価格表
 

|ホーム| 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |