HPLCカラム選択ガイド

 


  塩基性化合物  
推奨カラムと分析例をご紹介します。
逆相モードで分析する場合

ギ酸移動相で卓越したピーク形状 Cadenza CX-C18
フェキソフェナジン (アレルギー鼻炎薬)
モサプリド (消化管運動改善薬)
ラロキシフェン (骨粗しょう症治療薬)
ロペラミド (止瀉剤,オピオイド受容体作動薬)
ロメリジン (偏頭痛治療薬,カルシウム拮抗薬)
ブロムヘキシン (去痰薬)
塩化セチルピリジニウム (口腔殺菌消毒薬)
ロペラミド (止瀉薬)
ロメリジン (偏頭痛治療薬,カルシウム拮抗薬)
ブロムヘキシン (去痰薬)
トファシチニブ,フィルゴチニブ (関節リウマチ治療薬)
エペリゾン (鎮痙薬)
抗うつ薬
風邪薬成分
ラクトパミン (動物用医薬品)
脂肪族アミン


酸性から中性条件における汎用性 Cadenza CD-C18
アルテミニシン類縁体
アゾキシベンゼン (液晶材料)
オマリグリプチン (経口糖尿病用薬)
モサプリド (消化管運動改善薬)
ザルトプロフェン (鎮痛薬,シクロオキシゲナーゼ2 阻害薬)
シナモン粉末抽出物


広範囲の極性に対応 Unison UK-C18
バレニクリン (禁煙補助薬)
アムロジピン (血圧降下薬)
ラロキシフェン (骨粗鬁症治療薬)
ピオグリタゾン (糖尿治療薬)


少し大きめの塩基性化合物に Cadenza CW-C18
アミノグリコシド系抗生物質
テトラサイクリン系抗生物質


アルカリ移動相で分析 Dual-Matrixカラム Dacapo DX-C18
アミロイドβ ペプチド
塩基性化合物
アルカロイド

 

マルチモード(逆相+両イオン交換)モードで分析する場合

高極性のカチオン化合物に好適 Scherzo SS-C18
アマンダジン (抗ウィルス薬,精神神経用薬)
向精神薬 (フェニルアルキルアミン)


中性イオン強度グラジエント Scherzo SM-C18
チザニジン (筋緊張緩和薬)
エペリゾン (鎮痙薬)
エトドラク (抗炎症薬)
ベンザルコニウム,ベンゼトニウム (殺菌消毒薬)


SS-C18 では保持が強すぎる場合 Scherzo SW-C18
塩基性医薬品
抗精神薬
トリプタン系頭痛薬
超強塩基触媒

 

順相モードで分析する場合

順相アミノカラム Unison UK-Amino
アマンダジン (抗ウィルス薬,精神神経用薬)

 

 | ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |

All rights reserved. : Imtakt Corporation