DACAPO DX-C18

 


 

アルカリ移動相でも使用可能なODSカラム


  世界初のシリカ/ポリマー "Dual-Matrix" ODSカラム  
   
 
  pH 1-12
アンモニア移動相を用いたシンプルなLC-MS分析
ペプチドのESI-Negativeモード分析
アルカロイドのアルカリ移動相分析
高分解能2.5μm粒子 UHPLC対応
アルカリ試料注入,アルカリ洗浄
 


  充てん剤粒子構造  

  おもな仕様
基材:全多孔性球状高純度シリカ
粒子径:2.5μm
細孔径:約13nm
固定相:オクタデシル基
対象分子量:約10kDa以下
pH使用範囲:pH 1-12 (常用 1-11)
USPコード:L1
 

伝統的なシリカ系カラムは機械的強度は高いのですが,アルカリで溶けやすい難点があります。 一方ポリマー系カラムはアルカリには強いのですが,充てん剤が柔らかいために,有機溶媒濃度変化で充てん剤が膨潤収縮する結果,カラム性能が低下しやすいという難点があります。

また近年のアルキル架橋構造を有するハイブリッドシリカODSは,シリカ骨格の耐アルカリ性は強化されているものの,細孔表面にはオクタデシル基を修飾するためのシラノール基が必須であり,未修飾の残存シラノールをエンドキャッピングする必要があるため,表面的には従来カラムと同様のアルカリ浸食が懸念されます。

■本製品の特長
新製品DACAPO DX-C18は,充てん剤としては世界初の「Dual-Matrix」構造を有しています。これはアルカリに弱い多孔性シリカの細孔表面を有機ポリマーで完全に被覆しつつC18リガンドを導入した表面構造で,耐アルカリ性と機械的強度を兼ね備えた特長があります。シリカ由来のシラノールをほぼ完全に遮蔽しているため,理論上は,残存シラノールによる非特異的相互作用がなく,シラノールが原因となるアルカリ加水分解も生じにくい,という利点があります。

技術情報

アミロイドβペプチドの移動相pH依存性

アミロイドβペプチド (アルカリ移動相濃度)

インスリンの移動相pH依存性

アルカロイド (アルカリ移動相濃度)

塩基性化合物の移動相pH依存性

三環系抗うつ薬分離のカラム比較


パラベン異性体のカラム比較

耐アルカリ性比較
 
関連情報

DACAPO DX-C18 価格表
 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 | BACK