HPLCカラム選択ガイド

 


  アニオン性の高極性化合物  
推奨カラムと分析例をご紹介します。
アニオン全般を分析する場合

LC-MS用有機酸分析カラム Inrada Organic Acid
水質管理対象 陰イオン
リン酸
アデノシンリン酸 (AMP, ADP, ATP)
補酵素 (NAD/NADH, NADP/NADPH)
糖酸

 

マルチモード(逆相+両イオン交換)モードで分析する場合

高極性アニオンの分析に対応 Scherzo SS-C18
塩酸,臭素酸,硝酸,硫酸


高極性アニオンを適度なイオン強度で分析 Scherzo SM-C18
補酵素 (NAD/NADH, NADP/NADPH)
EDTA関連化合物
モノヌクレオチド (UV)
サイクリックモノヌクレオチド (cAMP, cGMP)
有機酸,ポリフェノール (ELSD)
ピコリン酸
アスコルビン酸とグルコシド,イソアスコルビン酸,デヒドロアスコルビン酸

 

順相モードで分析する場合

イオン交換による順相アミノカラム Unison UK-Amino
シアル酸,ウロン酸
α-ケト酸
ニコチン酸
マンデル酸,HVA, VMA
アスコルビン酸とグルコシド,イソアスコルビン酸,デヒドロアスコルビン酸

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |

Copyright: Imtakt Corporation