HPLCカラム選択ガイド

 


  双性(両性, zwitter)イオン の高極性化合物  
推奨カラムと分析例をご紹介します。
マルチモード(逆相+両イオン交換)モードで分析する場合

高極性の双性イオン化合物に好適 Scherzo SS-C18
アルセノベタイン
GABA (γ-アミノ酪酸)
DOPA (ジヒドロキシフェニルアラニン)
カルニチン
アシルカルニチン
キヌレニン/トリプトファン比 (KTR)
リジノアラニン
カルボシステイン
アミノレブリン酸 (ALA)
アルギノコハク酸
ジペプチド
レトロジペプチド
アリイン,アリルシステイン
アマドリ化合物


pHとイオン強度の最適化 Scherzo SM-C18
アンセリン,カルノシン (ジペプチド)
グルタチオン (酸化型,還元型)
チロキシン (甲状腺ホルモン)


双性イオンで少し大きめの化合物に好適 Scherzo SW-C18
コク味ペプチド (トリペプチド)
SAH, SAM

 

順相モードで分析する場合

高耐久性アミノカラム Unison UK-Amino
ベタイン,GABA
タウリン
グルタチオン (酸化型,還元型)

 

アミノ酸構造全般を分析する場合

LC-MS用アミノ酸分析カラム Inrada Amino Acid

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |

Copyright: Imtakt Corporation