HPLCカラム選択ガイド

 


  "非イオン性" の高極性化合物  
推奨カラムと分析例をご紹介します。
順相モードで分析する場合

高耐久性アミノカラム Unison UK-Amino
核酸塩基,ヌクレオシド
グリセリン,糖アルコール
イノシトール
クレアチニン,キサンチン,アラントイン
尿素関連化合物
アクロレイン,アクリロニトリル,アクリルアミド
ファビピラビル (RNAポリメラーゼ阻害剤)


非水系・水系両用順相カラム Unison UK-Silica
ジメチルホルムアミド (DMF), ジメチルスルホキシド (DMSO)
ザナミビル (インフルエンザ治療薬)

 

逆相モードで分析する場合

高極性を保持しやすいODSカラム Unison UK-C18
スクラロース
抗HIVヌクレオシド (ddI, d4T, AZT)
テオフィリン,カフェイン


シラノールの静電的相互作用 Cadenza CL-C18
アクリルアミド


分離選択性の異なるODSカラム Cadenza CX-C18
アセトアミノフェン代謝物

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |

Copyright: Imtakt Corporation