HPLCカラム選択ガイド

 


  錯体や配位性化合物  
推奨カラムと分析例をご紹介します。


金属の影響を受けやすい化合物全般に メタルフリーカラム



逆相モードで分析する場合

錯体に効果的なフェニルカラム Unison UK-Phenyl
ミノキシジル
EDTAと鉄錯体,銅錯体
銅ピリチオン,亜鉛ピリチオン
緑茶中のカテキン

 

マルチモード(逆相+両イオン交換)モードで分析する場合

メタルフリーカラムとイオン強度による分析 Scherzo SM-C18
EDTA鉄錯体,銅錯体

 

| ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 |

Copyright: Imtakt Corporation