Unison UK-C18  

高極性化合物に応答するODS表面構造


  Unison UK(US)-C18はCadenza CD-C18よりもODSリガンド密度を少し低下させています。これにより,高極性物質は基材表面のシロキサン(Si-O-Si)の酸素原子の静電的相互作用を受け,CD-C18よりも保持が長くなる傾向があります。
水100%系移動相でも保持の変化がなく,しかも適度なリガンド密度による高極性から低極性までバランスの取れた分離が得られるように設計されています。

あらゆる逆相分離の検討に最適なODSカラムとして,世界的に多くのユーザーに支持されているインタクトの代表的ODSカラムです。
 

関連情報

基本的相互作用比較

Cadenza CD-C18との溶出特性比較

高極性化合物の保持比較(静電的相互作用)

静電的相互作用に関するカラム比較

Cadenza CL-C18との違い

分離特性(π/dipole相互作用)
 

Unison トップページ | ホーム | 製品情報 | ニュース | サポート | その他 | BACK