カラムのコラム (Columns for Columns) 2022-03-03
34
日付と区切記号の混沌
 

10/11/12。 この日付表記はどのように解釈したら良いでしょうか。


日本では 2010年11月12日。
でも米国では 2012年10月11日 です。
しかし英国なら 2012年11月10日 となります。

表記解釈を誤ると,異なる日付が一人歩きすることになります。実際に私はヨーロッパ録音のCD(日本語版)で録音日の翻訳ミスに出会ったことがあります。
「/」や「-」などのデリミターは別としても年月日の順番は,カレンダーにも関係することなので,国ごとに概ね統一されているように思います。

世界では日付表記方法だけでなく,数値の桁区切り記号や小数点表記も国ごとに異なっています。

毎日のように海外輸出をするうちに,インドの注文書で金額数字の桁区切りが異様であることに気がつきました。またドイツ注文書の金額小数点が「,(カンマ)」になっていること,さらにはカラムサイズ(内径)の小数点表記も気になってきました。
そこで当社と日頃取引のある50ヶ国あまりに関し,主に発注書や送金明細書などから,日付と金額数字とカラムサイズの表記方法を調査してみることにしました。
結果を以下に示します。
 
 
  国名 日付表記 数値表記 カラムサイズ
  米国 2/22/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  メキシコ 2022/2/22 1,234,567.89 150x4.6mm
 
  コロンビア 22/2/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  チリ 22/2/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  ブラジル 22/2/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  アルゼンチン 22.2.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  ウルグアイ 2022-02-22 1,234,567.89 150x4.6mm
 
  オーストラリア 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  ニュージーランド 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
 
  ポルトガル 22/2/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  スペイン 22/2/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  アイルランド 22/2/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  英国 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  フランス 22/02/2022 1 234 567,89 150x4,6mm
  イタリア 22-02-2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  キプロス 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  ギリシャ 22/02/2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  ドイツ 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  スイス 22.02.2022 1'234'567,89 150x4.6mm
  クロアチア 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  スロベニア 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  オーストリア 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  チェコ 22.2.2022 1 234 567,89 150x4,6mm
  ポーランド 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  ハンガリー 22.02.2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  ウクライナ 2022-02-22 1'234'567,89 150x4,6mm
  ベルギー 22/02/2022 1 234 567.89 150x4.6mm
  オランダ 22/02/2022 1 234 567.89 150x4.6mm
  デンマーク 22.02.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  ノルウェー 2022/2/22 1 234 567.89 150x4.6mm
  スェーデン 2022-2-22 1 234 567,89 150x4,6mm
  フィンランド 2022-2-22 1 234 567,89 150x4,6mm
  ロシア 22.02.2022 1 234 567,89 150x4.6mm
 
  南アフリカ 22-02-2022 1,234,567.89 150x4.6mm  
  エジプト 22/2/2022 1234567.89 150x4.6mm
  モロッコ 2022-02-22 1 234 567,89 150x4,6mm
 
  イスラエル 02/22/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  トルコ 02.22.2022 1.234.567,89 150x4.6mm
  サウジアラビア 22.02.2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  UAE 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  オマーン 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  インド 22/02/2022 12,34,567.89 150x4.6mm
  バングラデシュ 22/02/2022 12,34,567.89 150x4.6mm
  タイ 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  シンガポール 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  インドネシア 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  ベトナム 22/02/2022 1,234,567.89 150x4.6mm
  フィリピン 2022-02-22 1,234,567.89 150x4.6mm
  台湾 2022/02/22 1,234,567.89 150x4.6mm
  中国(北京) 2022-02-22 1,234,567.89 150x4.6mm
韓国 2022-02-22 1,234,567.89 150x4.6mm
 

■日付
驚いたことは,アメリカ式「月日年」があまり多くないことでした。
長年の歴史や支配力の影響か,英国などヨーロッパ各国で多い 「日月年」の表記がかなりの国で使われていることはさらに驚きでした。アジアにもかなり浸透しています。

■金額小数点
金額の小数点は通常は「.(点)」ですが,ヨーロッパでは「,(カンマ」が多く使われています。英国寄り(点)かフランス寄り(カンマ)かで使い分けられるそうです。

■数値桁区切り
3桁区切りが一般的ですが,区切り記号は米国や日本のような「,(カンマ)」ではなく,「.(点)」が使われている国が多くあります。ただその場合は逆に小数点に「,(カンマ)」を使う,というのが共通点です。
「,(カンマ)」と「.(点)」の小数点表記による貿易上の混乱を避けるためか,フランスやベルギーのように3桁区切りを「 (スペース)」にしているところもあります(これが今のトレンドと思われます)。

本調査の発端であるインド(バングラデシュも)に関して調べた結果,ハザール(hazaar,千) / ラーク (lakh,十万) / カロール (crore,千万) という2桁区切りの古来の命数法が理由であるとわかりました。現地ではこの2桁区切り専用電卓が人気だそうです。

■カラムサイズ小数点
サイエンスにおける小数点表記は国際的に「.(点)」であり「,(カンマ)」ではありません。金額小数点表記に「,(カンマ)」を使う国であってもカラムサイズ小数点にはほとんど「.(点)」を使っていることがわかりました。

単位表記に厳格なドイツが,同じ「小数点」でも金額には「,(カンマ)」,カラムサイズには「.(点)」と使い分けています。サイエンスで国際統一できたのだから,ビジネスでも統一したら良さそうなものです。
もっともそのサイエンスが圧力表記の bar や psi を MPa に統一できないのだから,ビジネス・サイエンス間で整合性を取ることなどほど遠いのかもしれません。

今日は 3/3。どの国の表記でも同じ3月3日,「うれしいひな祭り」の日です。

(矢澤  到, YAZAWA Itaru)